FC2ブログ

09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.16 (Sat)

少年は諦めた

今更ですが、結界師最後あたり読みました。
柚唄です。

最終巻あたり5巻分ぐらい。
なんというか、泣けた。切ない。田辺先生お疲れ様。
この思いを誰かと分かち合うためにこの記事を書いているわけだが、他のサイトで結構叩かれてたりして辛い。
自分は心情をうまく表した作品だなーとも思ってたけど、確かに少年漫画向きではない。
青年誌のほうがよかったのかな……。
でもいい作品なのは確かなんだ。
自分、創作の際のタブーとかはしらないけど、風呂敷広げて畳まないの、まったく嫌いじゃないです。
だって、オレ達だって、人生で見つけた疑問のすべてに答えを見つけられるわけじゃないじゃん。ね?
いや、作品としてはあかんのかもしれませんね。ごめんなさい。
わからないことがあってもいいんだ。
良守、よかったね。時音に思い通じたよ。
……ん????????????????????????????・
オレ読み始めたころ小5でさ……。オレもう時音の年齢だ……。
このブログじゃないんだけど、消したブログにならちょっと結界師のこと書いたような書いてないような。
まぁそれはいっか。

あー……寂しいや。
スピンオフとかの存在を知った時に、結界師にも小説版がないかなと探したことがあったんですよね。
そしたらね、あったんだよ。

夢小説が

で、ね。
エロだったんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!
なんかヤってたわ!!!!!理解してなかったけど!!!!!!!!!
ヒロインが確か「ゴムの膜もないのに、避妊できるわけないじゃない」って言っててね!!!!!!!!
理解したのはコンドームの存在を知ってからです!!!!!!!!!っていうかエロ系はあんま知らなかったから!!!!!!!!!!!ズッコンバッコンしてる描写はなくて、ああいう暗転系だったから全然理解できなかったよ!!!!!!!!
ま、そんな感じに二次小説や夢小説の存在をだな……。このときはあまり認識してなかったけど。

結界師は原点だ……。
あーさみしいよー。
閃ちゃん、かわいいですなー。うっきゃー。
あ、さっきの良時の続き。
壱号とカケルがくっついてたね。なんか正守の回想?でちゃっかり手つないでたな。
まさか総帥が水月を想っていたとは思わなんだ。
総帥、つまり記憶を書き換えられて違和感も抱かずに水月を寝取られていた()と……。
たしかにそれは悲しい……。
遠君かわいいですね( 遥ちゃんもかわいい。
繁守じいちゃんと時子ばあちゃんは茶飲み友達くらいになれるのかな。
あ、利守活躍しなかったねw
お城の中で限が出てきたときは泣いた。ウルッと来た。
宙心丸のあの笑顔、色々悟った感じがして辛いね。
正守とくっつくのは刃鳥さんか、春日さんか。
六郎かわいい。あれは絶対ショタ。あふん。
七郎はイケメンですね。
守美子さんからお父さんに手紙があったときも泣きました。愛ではなかったのかもしれないけど、思いは本物だったのです。
間さんは元凶。このあたりの設定って、一応ウロ様の時点で考えてあったんだろうねぇ。
黒芒楼のころは少年漫画っぽかったね。火黒は印象が深い。いや、名前で検索すると黒子のカップリングが……かなしす。
藍緋さんはきれいだったなぁ……。
そういえば松戸っていうじーちゃんいましたね。
金剛君は……なんか他の漫画とコラボしてる感じあったよw
月地々丘兄弟、あれはなんというか、夏目系妖話だったね。
ショタ無道さんはかわいかった。

まぁ、なんていうか。
ほんと、お疲れ様です。
スポンサーサイト
04:19  |  ラノベ・マンガ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aliceyasan.blog22.fc2.com/tb.php/510-b09823db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。